メインイメージ画像

自動車の免許の取得には最短で13日から15日掛かります

自動車の免許を短期間で取りたい、という方は多いのではないでしょうか。転職、進学など、人によって様々な理由で短期間での免許の取得を希望するケースが多くなっています。全国各地の教習所では短期間コースを設けたり、合宿教習を行う教習所も増えてきました。では、最短でどれくらいの期間で取得できるのでしょうか。実は技能教習では、教習の効果や運転者の疲労度の関係で、1日に運転できる時間が限られています。他にも最後に受けた技能教習と検定試験は別の日に受けなければいけないといった、様々な決まりが存在します。

これらは自動車教習所でも、合宿教習でも共通しています。全ての決まりを守って、AT限定は13日、MTは15日が最短の期間です。ただし、教習所によっては独自の決まりを設けているところもありますので、それ以上の日数を最短期間としている所もあります。合宿教習ではAT限定で13日間から15日間で実施しているところが多いです。自動車学校では短くて20日前後となるところが多く見られます。ただし、教習所は時期によって混雑しており、スムーズに教習が進まない場合があります。

特に8月、3月から4月にかけては学生が夏休みや春休みを利用して教習を受けています。混雑時期にも優先して教習の予約を取る事ができる制度もありますが、こちらは通常の教習プランと比べて割高になっています。合宿教習も学生の長期休暇の期間はすぐに予約が埋まってしまう場合もあります。早めに予約をしておくと良いでしょう。自動車教習所と合宿教習はどちらが良いのでしょうか。短期間で取得できるのは合宿教習です。

しかし、離れた土地で完全に拘束されることになるために不便な事も多いでしょう。まとまった日数での参加が必要のため、休みが取れない人は難しいです。自動車教習所は本人の希望も考慮しながらスケジュールが組まれるため、自分のペースで教習を受ける事が出来ます。混雑期には思ったように教習が進まないのがデメリットです。どちらも1ヶ月以内の短期間で免許を取得する事はできます。自分に合うかを相談しながら決めると良いでしょう。

更新情報